アナウンサーを目指す方への、本格的情報WEBサイト! 現役アナが運営・指南し、アナウンサーになるための実践的なノウハウやサポートを提供します。

アナウンサーになってやる!

わたしのアナウンサー物語~女子アナ=鳥のさえずり、じゃなかった!~

メールマガジンと連動しています。

このページでは、先輩アナからのアナウンサーになるまでのエピソードをお伝えしています。

====================================================

 

★ 女子アナ=鳥のさえずり、じゃなかった!

 

<アナウンサーになってやる!>を購読のみなさま。

はじめまして。

わたしは、とある地方局で女子アナをしています。

 

わたしの声はどちらかと言うと・・・<どす>の聞いている声です。

アナウンススクールに通っていたときも、
先生に「もうすこしソフトに」 と言われ、ソフトに発音すると、
級友から爆笑されていました・・・。

 

オカマ読みになってしまうのです・・・(悲)

 

みんなは笑いましたが、わたしは必死でした。

 

そういえば、テレビやラジオから聞こえてくる女子アナの声は
鳥がさえずっているような(オーバー?)声でわたしとは 正反対。

だれもが、わたしは、局アナになれない・・と思っていたようです。

 

でも、わたしはぜったいアナウンサーになりたかったんです。

<どす>がきいていようが、
わたしらしさを前面にだしてがんばろう! と前向きに考え、
聞いていて居心地のよいどす(?)の きいた声を目指しました(笑)

 

一番最初にきまりそうになった局はFM局です。

でも、不合格~。

ほんとのことを言って、この手の声は FM向きかな~って
思っていたので、正直落ち込みました。

 

キー局・準キー局はすべてNG! 残るは地方局!
写真・履歴書の書き直しから始めました。

早々に合格した人から履歴書やエントリーシートを見せてもらい、
ほー。なるほどなるほど・・・と書き直しました。

 

やっぱり、目立つのです!履歴書が・・

 

わたしはじぶんをアピールしようと思って ぎっしり
小さな字でつめこんで書いていました。

見せてもらった人の履歴書はまるで新聞!
う~ん 週刊誌?と言う感じで、
見出しとその説明みたいになっていました。

それもすきまだらけ・・・いいのか・・・こんなんで。 と思い、
その友人に聞くと、「いいのよ。いっぱい質問されたわよ」 と
平気で話してくれました。

 

やはりなんにでも目立つ人や、合格する人には、
知らず知らずのうちに、目立つコツ・合格するコツを身に付けて いるのです。

そのほかにも彼女を観察し(ストーカーではありませんよ)
表情・話し方(普段の)・服装まで、チェック!

 

わたしは気がつきました!

彼女は、いつも 目(瞳)が生きているんです。

わたしは・・・死んでました・・

 

わかりますか?

 

目がきらきらというか、生き生きというか、
だから、人をひきつけるんですよね。

それから、鏡の前で自分を見つめなおし、
自分革命(?) に取り組み、いよいよ受験。

 

そうしたらどうでしょう!
3つの局の最終選考に残ったのです!

そのときの心のガッツポーズ(やったー)という思いは 今でも忘れていません。

 

アナウンサーを目指しているあなた!

 

チャンスは自分でつくってください!

 

なんとなくアナウンサーに受かる人は0.01%です。
わたしでもなれました。
今度はあなたの番です。

 

■わたしのアナウンサー物語トップへ■

■おすすめアナBOOKS■


 

現役アナがこっそり教えるアナウンサーになる方法
(マガジンID:0000141706)
メールマガジン登録
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ

 

books

BOOKS

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アナウンサーになってやる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.