アナウンサーを目指す方への、本格的情報WEBサイト! 現役アナが運営・指南し、アナウンサーになるための実践的なノウハウやサポートを提供します。

アナウンサーになってやる!

わたしのアナウンサー物語~実況中継~

※メールマガジンと連動しています。

このページでは、先輩アナからのアナウンサーになるまでのエピソードをお伝えしています

 

2005/2/1号掲載

=========================================

★実況中継

こんにちは。はじめまして。

山口朝日放送アナウンサーの井川弘宜です。

山口でも正月に雪が積もりましたが、
北日本では大雪で被害も出ているようで、
特に去年から続くあらゆる自然災害で生活に
影響を受けていらっしゃるみなさん にまず、お見舞い申し上げます。

北国の冬はただでさえ厳しいですよね。

僕のアナウンサーとしてのスタートの地は、東北の山形でした。

なぜアナウンサーになりたかったのか・・・それはさておき、

アナウンサー学校に通いだしたのは大学4年の5月でした。 遅いですよね。

既に採用試験はスタートしていましたのであれこれ 受けてはみるものの、
当然結果は惨憺たるものでした。

 

しかしそのうち徐々に2次試験に進めるようになり、
何社かは最終面接まで進むことが出来ましたが、
そこに何か大きな壁でもあるかのように、
何度となく“最終落ち”を経験しました。

 

そして最終的に山形の局から内定をいただいたのは3月。

卒業間近のことでした。

 

今春を目指していてまだ進路が決まっていないみなさん、
こんな奴もいるのです。

チャレンジを続けてみてください。

 

生まれは山口県の下関市です。

だから地元に戻りたかった・・・というわけでもないのですが、
1993年、山口朝日放送の開局に合わせて転職(転社?)し、 今に至ります。

 

“アナウンサーになるのは大変。

でも、なってからのほうがもっと大変。

 

” よく耳にする言葉だと思いますが、全くそのとおりだと思います。

自分の言葉で伝える。ではそのために何をするべきか。

そう、何事にも事前の準備が必要となります。

 

今回、光栄にもANNアナウンサー賞の高校野球実況部門で
優秀賞をいただきました。

その高校野球の実況にもかなりの準備があります。

(もちろん個人差はありますが)

 

小学生のときのソフトボールしか経験していない僕は、
それほど野球に関する知識を持ちません。

ですので、実況の際の資料は結構細かく作成しています。

 

不安なので。 資料には何を書いているのか・・・それは、秘密です。(笑)

でも、その資料を作るための準備もあるんですよ。

1年間通して様々な大会を見に行ったり、
学校におじゃまして練習を見せてもらったりと。

 

しかし、いくら綿密な資料を用意したところで、
目の前で起こっているプレーを追うのに必死になり、
手元の資料に書いてあることの5分の1程度しか話せないものです。

それが分かっていても毎回細かい資料を作っています。

 

夜中までかかって。 なにせ、不安なので。

自分の知らないことは自分の言葉としては出てきません。

たとえ用意された原稿に自分の知らないことが書かれていて、
それを“自分の声”で読んだとしても、
“自分の言葉”ではない、ということ。

僕は放送上“知ったかぶり”だけはしたくありません。

だから知らないことはしゃべらない。

 

結果、あまり知識のない分野でのしゃべりを要求される場合、
細かい準備が必要になってくるのです。

そう考えていくと、不安を感じるということは大切なことなのかな、と
自分では納得しているのですが・・・。

 

アナウンサーになってもう17年目。

でもどの分野においても、
自分のしゃべりに満足したことは 1度もありません。

特にここ何年かはディレクターとして番組を制作する仕事に
多くの時間を割いているため、 しゃべりにおいては常に不安との戦いです。

 

アナウンサーを目指しているみなさんもまた
不安との 戦いの日々だと思いますが、

不安を感じている自分を、どうぞ大切にしてください。

 

そしてそれをそのままにするのではなく、
(個人個人でケース・バイ・ケースだから具体的なことは言えませんが)
自分が抱えている不安を少しでも取り除く方法を 考えてみてください。

そうすることで、前に進めると思います。

皆さんのご検討をお祈りします。

井川弘宜

==============

山口朝日放送

info@yab.co.jp http://www.yab.co.

==============

 

-----------------------------------------------------------------------

 

今回のアナウンサーのひと言はいかがでしたか?

井川アナ、ANN系列の優秀賞おめでとうございました。

 

毎日の積み重ねがとても大切なアナウンサーの仕事。

華やかな世界に見えますが、影では地味な積み重ねなんですね。

実況中継は奥が深くて、大変な分野ですが、

 

<下調べをして 選手の資料を 夜なべして作る ・・・。>

 

そうすることによって 自信がついて、はじめて素敵な実況ができるのですね。

ANN系列新人アナ研修ものぞいて見てくださいね。

http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/topics/016.html

 

昨年大学4年の2月に新人アナ研修が行われています。

あなたの参考になると思います。

 

 

■わたしのアナウンサー物語トップへ■

■おすすめアナBOOKS■

 


 

現役アナがこっそり教えるアナウンサーになる方法
(マガジンID:0000141706)
メールマガジン登録
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ

 

 

books

BOOKS

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アナウンサーになってやる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.