内定を勝ち取るために

2015.2.3|ぜったい合格!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

gou1

 「あなたはなぜ、アナウンサーになりたいと思っているのでしょうか?」

 

即答できる人、そうでない人も、

この機会にきちんと言葉で、
人に伝えられるようにしておきましょう!

 

 

 

 

キー局の試験官は1万人ほどの受験者を面接します。

1次面接は5~8人くらいのグループ面接です。

自己紹介、と原稿読みだけで終わる人がほとんどです。

 

試験官から質問してもらわなければ、もう次(2次試験)はありえません。

 

自分からアピールすることもできますが、少しの時間であなたを
試験官にわかってもらうことは不可能です。

 

きっかけは、人それぞれ、見本などはありません。
あなたの言葉で、あなたの気持ちを、伝える・・・

 

用意していった文面を覚えて話しても、ちっとも気持ちは伝わりません。
かといって、その場でなんとかなる・・・

なんて考え方は100年早い!!

 

どれだけ、自分のねたのポケットに情報が入っているか。

 

TPOに応じて自分がどれだけそのポケットから、適切な表現にして
持ち出し、話せるか・・

 

アナウンサーになるとあなたはカメラやマイクの前で
話しますが、その先には、何万の人がいるのです。

あなたが話すことは、人を元気にさせることもできますし、
不快な気分にもさせます。

 

アナ試験の試験官は、そこまで意識して
あなたを見ています。

 

試験官から面接の時に質問されるような、
ことがらを、履歴書やエントリーシートに書いてください。

 

小手先だけのトークや一方通行の話は
試験官は興味がありません。

 

会話を楽しむことができる人を探すのです。

 

それには、あなたの毎日が充実していないと、だめです。

 

いろいろなことを経験し、体験し、感じて、ポケットをいっぱいにする。
そして、今日は、右のポケット、明日は左のポケットと使い分け
あなたの魅力をアピールできるようにしておきましょう!

 

試験前までに■質問力―話し上手はここがちがう… これだけは読んでください。

 

 

 

■おすすめアナBOOKS■

 


 

 

現役アナがこっそり教えるアナウンサーになる方法
(マガジンID:0000141706)
メールマガジン登録
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL