アナウンサーを目指す方への、本格的情報WEBサイト! 現役アナが運営・指南し、アナウンサーになるための実践的なノウハウやサポートを提供します。

アナウンサーになってやる!

ぜったい合格!

自分の声は好きですか?

更新日:

■採用担当・局アナからの生情報■

メールマガジンと連動しています
2005/1/1掲載

このページでは、先輩アナや採用担当者からのアドバイスをご紹介していきます。

 

==================================================

●自分の声は好きですか?

------------------------------------------------------------------------

アナウンサーになりたいと思っている人は、
自分の声になんらかの愛着を 持っている人が多いですね。

あなたが、普段ニュースや歌番組の司会をしているアナウンサーの
話ことばを、すてきだな~と思ったことがありますか?

 

もちろん男性でも女性でも、

・ ここち良く感じる声のアナウンサー
・あまり印象に残らないアナウンサー
・聞きたくない声のアナウンサー

いろいろなアナウンサーが活躍していますが、
あなたがこうなりたいというアナウンサーを一人見つけてみましょう!

つまり、最初の目標です。

 

間のとりかた、目の動き、表情、渇舌、あなたは、なにを観察しますか?

ほんとうは、こんなことはたいしたことではないのですよね。

 

アナウンサーはロボットではありません。
原稿を、いくら、きれいに読んでも、誰の心にも残りません。

 

あなたの見たこと・感じたこと・体験したことを、
あなたのことばで 話せるようになれば、
アナウンサーの第一歩を歩き始めたことになります。

 

ですから、声の太い人・声の高い人だって、味のあるアナウンサーになれます(^0^)

それよりも<マイクにのる声かどうか>のほうが、重要かもしれません。

 

新人アナウンサーの多くは、実際にスタジオで声を出すと、
自分の声がいかにマイクにのっていないかを思い知らされます(^^;)

「こんなに大きな声で、アナウンサーはニュースを読んでいたのか」
「こんなに大きな声で、司会をやっていたのか」

大きな声を出すのではなく、腹式呼吸でしっかり声が出ている人は
マイクにのるのですが、声が細い人は、音声さんがどんなに
音量をあげても、なかなかマイクにのらない ので、四苦八苦しています。

 

あなた自身(内面)を磨いて、
あなたのことばも毎日磨いて声の お手入れしてあげましょうね!
(地方局女子アナ)

 

  ■おすすめアナBOOKS■

 


 

現役アナがこっそり教えるアナウンサーになる方法
(マガジンID:0000141706)
メールマガジン登録
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ

 

BOOKS

BOOKS

-ぜったい合格!

Copyright© アナウンサーになってやる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.