アナウンサーを目指す方への、本格的情報WEBサイト! 現役アナが運営・指南し、アナウンサーになるための実践的なノウハウやサポートを提供します。

アナウンサーになってやる!

ぜったい合格!

エントリーシート(履歴書)の写真

更新日:

■採用担当・局アナからの生情報■

メールマガジンと連動しています。

このページでは、先輩アナや採用担当者からの アドバイスをご紹介していきます。

===========================================

 

★エントリーシート(履歴書)の写真って本当に大切なの?

 

結論から言えば・・・大切です!

このメルマガでは本音でお話させていただきますが、
書類審査の担当者が、まず最初に目をやるのが写真です。

これは意識してというよりも、 自然とそこに視線がいってしまう
といったほうが良いのかもしれません。

もちろん写真がすべてということではありませんが、
書類選考通過者枠で最終的 に迷ったときに、写真が果たす役割は大きくなってきます。

 

より大切なのはスナップ写真!

現在、ほとんどの放送局で履歴書用の写真とは別に、
スナップ写真の添付を求めていますよね。

これはバストショットの写真からだけでは伝わりにくい、
あなたが醸し出す雰囲気を知りたいからなのです。

TV局のアナウンサーの採用試験には、
必ずカメラテストがありますが、これも同じです。

ではどの様な写真がより効果的なのでしょうか!

 

▼つくり過ぎた写真は逆効果!

最近特に、関係者の間で話題になるのですが、
エントリーシートに添付されてきた写真と、 採用試験会場で
実際に対面した学生本人とのギャップに大変驚くというのです

あまりにも写真と違い、極端な例では、
替え玉ではないかと勘ぐったこともあるそうです。

 

こうした傾向はとくに女子学生に多いようです。

デジタル技術の進歩で、プロの手による写真の 修整がなかば
当たり前のようになって いるようですが、やりすぎは逆効果です。

アナウンサー試験は、タレントのオーディションではありません。

あなたの人間的魅力が、あなたの表情にあらわれ、 あなたを表現するのです。

 

▼しぜんな笑顔が一番!

以前こんなことがありました。

送られてきたエントリーシートの写真を見ていたときのことです。

一枚の写真に目がとまりました。

それはある女子学生の表情に何か違和感をおぼえたからです。

口元を真一文字にむすび、前を見据えた写真でした。

あとからわかったことですが、 彼女は自分の歯並びを気にするあまり、
子供のころから 写真を撮るときはいつも口を閉じていたというのです。

 

この業界ではよく、「彼には、彼女には華があるね!」 などと
表現することがしばしばあります。

それはつまり、テレビ画面という限られた空間の中で、
様々な表現活動を仕事とするアナウンサーに求められる一つの 要件かもしれません。

それは何よりも、あなたの生き生きとした笑顔がアピールしてくれるのです!

 

-----------------------------------------------------------------------

 

実際の採用担当の方からの、お話でした!

まとめると、

★エントリーシートの写真はとても大事!

★つくり過ぎ写真は逆効果!あなたの魅力がわかる写真で!

★自然な、生き生きとした笑顔で!

というところでしょうか?

写真大事ですね。

写真館に迷ったら、http://tobeana.com/attention1.html を参考にどうぞ。

 

■おすすめアナBOOKS■


 

現役アナがこっそり教えるアナウンサーになる方法
(マガジンID:0000141706)
メールマガジン登録
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ

 

BOOKS

BOOKS

-ぜったい合格!

Copyright© アナウンサーになってやる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.